okakiyoshi-800i.jpeg
2016.08.29up

岡潔講演録(19)


「1971年度京都産業大学講義録第5回」

【1】 人は1日1日をどう暮らす

 こういう問題があります。『人は1日1日をどう暮らせばいいのか』

 この問題は普通ならばあまり切実な問題ではありません。放って置いても自ずからよろしきにかなうからです。自然によいように人らしく暮らしている。

 ところが、今は普通の時じゃない。日本は終戦後アメリカから大量に『唯物主義』に『個人主義』を取り入れた。人は物質的自然の中に住んでいるというのは間違いであって、心の中に住んでいるんです。魚が水の中に住んでいるように心の中に住んでいる。ところがその心はもはや澄んだ水ではなく、大量に唯物主義、個人主義のはいっている水である。そういう状態なんですね。

 ところで、唯物主義もそれから出て来る個人主義も非常に悪いんです。西洋人にも随分悪いらしい。離れて見ていて充分よくわかりませんが、水が濁ったとき魚が生きることに苦しむ、生きて行くことが苦しいという有様が、到る所に出ているように思います。

 しかし西洋人はまだ ― これはもう、始めからこんなふうなんですから、こういうものに対して云わば抵抗力が出来ている。 ― しかし東洋人はそうじゃない。これはごく近頃になって西洋から取り入れたものです。だから東洋人にとって、これは非常に害があるんですね。

(※解説1)

 この問題は学生の作文に「来る日も来る日も糞おもしろくない」という作文がことのほか多いことに岡は気づき、この日常的で切実な大問題になんとか回答を与えようと、老婆心から岡自身が模索した結果である。

 その結論として今日の我々は、特に明治以降西洋思想を無批判に取り入れてその中に住んでいるのだが、そういう特別の時代であるからこそ、こういう問題が派生するのだと岡はいいたいのである。その2つの要素が、「唯物主義」であり、「個人主義」であると。

 ともかく私から見ても今日の社会問題の多くは、元をたどれば東洋と西洋の世界観の違いから生まれたものが多いように思うのだが、そこまで掘り下げて考えようとしている評論家も知識人もいまだほとんどいないのが現状ではないだろうか。

Back    Next


岡潔講演録(19)1971年度京都産業大学講義録第5回 topへ


岡潔講演録 topへ