okakiyoshi-800i.jpeg
2017.03.13up

岡潔講演録(25)


「情を語る」

【1】 情とは何か

 「自分とは何か」っていうのは非常に難しい問題ですが、しかし人は自分とは何かなどと言葉に出して云わないけれども、それが自分だと思ってるものがあるらしい。その自分とは何かと思ってるそのものが世界の各地で違ってる。

 心を知、情、意と分けますが、日本人はその「情」を自分だと思ってるらしい。私は勿論そうです。ひとも皆そうだし、歴史をみても、どうもそうだと思う。情は自分だと、日本人は皆そう思う。

 知や意がいくら説得しても、情を説き伏せることは出来んでしょう。知的にはこうだ、また意志的にはこうすべきだというふうな時も、情がそれを悲しむ時にはどうしようもありませんね。それでもなおかつ知や意の云うところに従う人もありますが、知や意に従っている時も、悲しい気分で従ってますね。

 それから、嬉しいなあと思うのは勿論情が喜ぶんですね。だから幸福ということも、情が幸福なんですね。そのほか情については、人は一日中絶えずなんらかの気分がしていますが、その気分っていうものは言葉では云えませんけど、しかしよくわかってますね。自分が今どんな気分かわからんという人はない。ただそれを言葉で云おうとしたら云えないだけ。

 そんなふうに、情は総てまるで搔くということに例えますと、自分の身体を搔くようにかゆい所へ手が届きますね。しかし知や意というのは、どうもそんなふうにはいきませんね。靴の裏から足のかゆい所を掻いているようなもの。そんな感じですね。どうみてもそうなる。

(※解説1)

 日本には昔から「義理と人情の板ばさみ」という言葉があるが、岡がここで説いていることはほぼそれに当てはまる。

 「義」といえば正義(正しい道筋)の「義」であり、それを知情意に直すと「意」に当るのではないだろうか。そして「理」の方が「知」であると私は思う。だからここで岡がいうように日本人は「知や意」と「情」との板ばさみを、辛い思いで経験することが多いのである。

 そして日本人の理想は「知や意」をかなぐり捨てて、最後には「情」に軍杯をあげることである。特に今は少なくなったが、テレビの時代劇にはそれがよく現れているのであって、岡も晩年にはその時代劇によって「日本の心」を深く探ったものである。

 岡は「人のこころ」は万年単位でないと変わらないというのが自論であるから、数百年前の時代劇をただ古臭いとのみ取ったのでは「人のこころ」は本当にはわからない。実際、中国や韓国の時代劇とその影響を受けているはずの日本の時代劇とは、その内容が明らかに違っているのではないだろうか。

Back    Next


岡潔講演録(25)情を語る topへ


岡潔講演録 topへ