okakiyoshi-800i.jpeg
ohono-009s.jpeg
 2012.10.29 up

岡潔講演録(1)


(じょう)と日本人」 岡潔著 於 奈良自宅

1972年3月12日

【1】 日本人は情の人である

 今日初めて聞かれる方もあるかも知れませんが、その方にとっては関係ないことだけど、そうじゃない方もおられる。で、そうでない方に対して、今日また同じことを繰り返そうと思う。

 どういうことかというと、日本人は「情」の人である。人としてそれが正しいんです。そうであるということが非常に大事だのに、少しもそれを自覚していない。

 日本人は情の人であるということを自覚するということが、今非常にしなければならないことであると本当に分って、本当にそう思うようになってもらいたいと思うんです。つまり、言葉でいえば「日本人は情の人である」だけなんです。そういえば成程と思う。これは日本人だからだと思いますが、しかし、それから先が進まないんですね。

 大阪へ行って淀川を見る。これはひどい、これではいけないと直ぐ公害を思うんだけど、川が見えなくなるとけろりと忘れてしまう。そんな風な分り方ではさっぱりことは進展しない。で、そうじゃないようにしようと思う。

 そうすると、結局同じことを繰り返し繰り返しいうことになってしまう。そうする他はない。それで今日も同じことを繰り返していおうと思うんです。

(※ 解説1)

 岡先生はその処女作「春宵十話」ではしきりに「情緒」という言葉を使いまして、当初から「情」の領域に深く別け入っていきました。

 その本の出版は1963年ですから、このお話をされた1972年といいますと約10年の開きがあります。その10年という歳月が、この「情と日本人」という美事な知的体系に結晶したのです。私はこのことが20世紀における人類史の奇跡ではないかと思っています。何となれば人類は、この原理によって今日の時代の行き詰まりを打開し、21世紀以降の世界を切り拓く可能性が生まれてきたと思うからです。

(※ 解説2)

 この「情」という言葉ですが、最近までは「愛」という言葉がもてはやされました。これは西洋の影響かも知れませんが、人類の諸々の問題を解決できるのはこの「愛」であるというのでした。

 しかし、どうもその後の情況を見てみると、いろいろと疑問が生まれてきています。特に問題なのは「愛と憎しみのドラマ」という言葉があるように、「愛」は「憎しみ」に変わり得るということです。人類は今、愛と憎しみの坩堝の中で、もがき苦しんでいるといっても過言ではありません。

 一方、昨年の大震災以後、「絆」という言葉がよく使われ出しましたが、これは日本人の本心によく合っているからでしょう。この「絆」こそが、岡のいう「情」のことだと私は思うのです。因に、日本では万葉の頃から「情」と書いて「こころ」と読ませています。つまり、日本では昔から「こころ」というと「情」のことだったのではないでしょうか。

BackNext


岡潔講演録(1)topへ


岡潔講演録 topへ